ロレックスの魅力と人気モデルの特徴

言わずと知れた高級時計ブランド「ロレックス」。
ロレックスの時計といっても実に豊富な種類があり値段もピンキリです。

今回の記事では、そんなロレックスについて人気のモデルを詳しく紹介していきます。

[admanage1]

ロレックス エクスプローラーの特徴

ロレックスは多くの人が憧れる高級時計です。
成功の証しともいえるほどの知名度です。
お金持ちといえばロレックス!みたいな風潮は、今や当たり前になっていますよね。
その中で、変わらず長きにわたり人気を集めている「エクスプローラー」について紹介しましょう。
ロレックスのエクスプローラーの一番の特徴は、シンプルでありまがらも優れたデザイン性です。
ギラギラしたロレックスもいいですが、シンプルでありながらも存在感抜群のモデルは服装問わず合うので人気です。
長いロレックスの歴史の中で、ほとんど見た目を変えずに今に至ります。

ロレックスのエクスプローラーは実は2種類あります。
「Ⅰ」と「II」の2種類です。
エクスプローラーとは、そもそも「探検家」という意味があります。
これら2種類の大きな違いは、エクスプローラー「Ⅰ」は探検家全般向けに作られたという点。
一方、エクスプローラー「Ⅱ」は洞窟探検家向けに作られたという点です。

ロレックス デイトナの特徴

デイトナといえばツートーンダイヤルとベゼルに刻まれたタキメーターです。
ロレックス エクスプローラー同様に、デイトナのデザインも初登場した時代から変わっていないのが特徴です。
流行に敏感な人が増えたこの時代でも、このデイトナの優れたデザイン性と機能性は日本だけではなく世界各国で評価されています。
因みにデイトナの正式名称は「オイスターパーペチュアル・コスモグラフ・デイトナ」です。
「コスモグラフ」というキーワードは、宇宙を連想させるもの。

[admanage2]

「デイトナ」はカーレース好きには馴染みのあるキーワードですが、フロリダ州にあるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイからとった名前です。
このモデルが生まれた頃、宇宙開発が世界中で盛んに進んでいました。
また、モータースポーツもしだいに注目され始めていたので、デイトナは将来への希望の象徴として生まれました。

ロレックス サブマリーナーの特徴

ロレックスは「完全防水の追求」を長きにわたり続けてきました。
その過程で1950年頃は、油田探索など世界の海底調査が積極的に始められていました。
そこで誕生したのがサブマリーナーです。
因みに「サブマリーナ」と思ってる人がいますが、ロレックス公式では「サブマリーナー」と語尾はのばしています。
憧れのサブマリーナーを付けるからには、名前はしっかり覚えましょう。

サブマリーナーはダイバーズモデルであるため、誕生から半世紀以上は多くのモデルチェンジをし進化しています。
サブマリーナーは耐久性が高く傷に強いことから、ロレックスのスポーツモデルの象徴ともいえます。
昔からロレックスにとって「防水性」は重要なポイントでした。
プロのための特別な時計開発の中で特殊モデル第1号として生まれたのが「究極の防水時計」サブマリーナーでした。

[admanage3]

ロレックスは高いだけある

今回の記事でご理解いただけたと思いますが、ロレックスには強いこだわりがあります。
単に有名ブランドだから値段が高い…そう思われてる人も多いはずです。
でもそれは少し違うということを分かって頂けたでしょうか。
ロレックスがなぜ高額なのか、それは使う人の事を一番に考えて作られてきた歴史ある時計だからです。
ロレックスのような高級時計に憧れる人は多いと思いますが、自分に最も合っているロレックスを見つけましょう。
そのために手にするロレックス時計の歴史を知ってみる、というのも面白さがあり大事なことでしょう。

ロレックス公式サイトはこちら

この記事を書いた人