キリンの魅力はビールだけじゃなかった

キリンといえばビールが有名な会社です。
そこで、キリンについて今回はビール・工場・のどごしという3つのテーマに絞ってご説明していきます。
キリンのことを知りたい人はこの記事を読んで参考にして下さい。

[admanage1]

キリンが作るビールはバリエーション豊富

キリンのビールといえば、一番搾りがあまりにも有名です。
リカーショップやスーパーマーケット、コンビニなら置いていない店舗はないと言えるほど、メジャーな商品です。

もちろん居酒屋や飲食店でもよく取り扱われています。
そんな一番搾りですが、オーソドックスなもの以外に、黒生・超芳醇・プレミアム・匠の冴という異なるラインナップがあり、高級感を求める人向けとなっています。
さらに、ラガービールやハートランドビール、バドワイザーなどタイプの異なる様々な種類のビールが販売されていることも人気の理由です。
若者に人気のハイネケンもキリンの商品なのです。
雰囲気の異なるビールブランドが豊富なので、幅広い年齢層から支持されているのですね。
このようにキリンのビールというだけでも実に多種類なので、好みに合わせて、豊富な商品から選び分けることができます。

キリンの工場に行ってみよう

キリンのビール工場は、北海道から九州まで全国にあり、毎日新鮮なビールや様々な飲料が製造されています。

特に、工場見学を受け付けていることで有名なキリンですが、その見学内容が非常に充実しています。
ビールを作る工程をスタッフによる丁寧な説明を受けながらじっくりと見て歩くことができるので、非常に勉強になるのです。
ビールになる前の段階のものを試飲するなど、工場ならではの体験ができる点も魅力的です。
そして、キリンの工場の見学を希望する人の目的は、出来立てビールの試飲。
見学が終わった際に、無料でビールのサービスをしてくれるのが人気の理由でもあるのです。

[admanage2]

ソフトドリンクも選べるので、妊婦や子どもも一緒に見学を楽しめますよ。
キリンはビール工場だけでなく、清涼飲料工場やウイスキー蒸留所、ワイナリーも保有しています。
自社工場が充実している点も、キリンの商品を安心して購入できる理由の一つとなっています。

新ジャンルの「のどごし」とは

キリンの新ジャンル商品として注目されているのが、「のどごし」。
こちらはビールでも発泡酒でもない、まさに新ジャンルのお酒です。酒税法上の区分としては、「その他の醸造酒(発泡性)」と記載されています。
原材料はホップ・糖類・大豆たんぱく・酵母エキスです。

特徴としては、すっきりとしたのどごしとしっかりとしたうまさ。
2018年5月中旬の製造品よりリニューアルしました。従来品よりも後キレを向上させ、トップの旨味との落差を高めています。その結果、爽快さがアップしました。
基本の商品である「のどごし<生>」の他に、3種類のラインナップがあります。
アルコール度数を5%から7%に高めた「のどごしstrong」、糖質・プリン体ゼロの「のどごしZERO」、麦100%の「のどごしスペシャルタイム」です。
新しいジャンルとして、若者を中心に人気を集めており、これからもさらに流通していくことが期待される商品です。

[admanage3]

まとめ

キリンは有名ブランドなだけでなく、商品の種類も非常に多いのが人気の理由です。
魅力的な工場見学があることも、よりキリンという会社を身近に感じられることにつながっています。

また、ビールや発泡酒、のどごしだけでなく清涼飲料などノンアルコールの商品も充実しているので、お酒が飲めない人のことも考えられていますね。
ビールの会社というイメージの強いキリンですが、どんな人にも飲めるよう商品が揃っている点もまた魅力なのです。

キリン公式ホームページはこちら

この記事を書いた人