ポッキーが長く愛されている理由を徹底解剖

長い間多くの人に親しまれてきたポッキーは、子供から大人までファンは多いのではないでしょうか。
ポッキーは、日本の菓子メーカー「江崎グリコ」が1966年から発売しているチョコレート菓子です。
この記事ではポッキーについて記事を詳しくまとめてみました。

[admanage1]

ポッキーのCMの出演者は豪華

11月11日はポッキーの日と答えることが出来る人は意外と多いでしょう。
正式には「ポッキーとプリッツの日」といいますが、参加型のイベントを行うなど毎年盛り上がりをみせています。
イベント成功の理由は江崎グリコの日頃からの企業努力もありますが、CM効果も高いといえるでしょう。

いつも豪華な出演者で旬なタレントやアーティストを起用し、印章的な構成で作られています。
しかもポッキーのCMは、不思議とハッピーな気持ちになる要素が盛り沢山。

江崎グリコでは「シャアハピ(幸せをシェアしよう)」というプロジェクトを展開していますが、現在は三代目 J Soul BrothersがCM出演しています。
ポッキーダンスは大流行しました。
動画動画サイトでは、ポッキーダンスを披露する内容のものが沢山投稿されているほどの影響力でした。

ポッキーの種類

皆さんは「ポッキーの種類を言ってみて!」と聞かれて何種類答えられますか。
普段はポッキーは食べない人でも、何種類かは答えられますよね。
ノーマルタイプのチョコレートのポッキー、苺味に抹茶味、アーモンドがついたものなど…軽く述べただけでもこれだけあります。
でも、実はポッキーの種類はスーパーやコンビニで見かける種類だけではないと知っていましたか。

[admanage2]

例えば「ぐりこ・や」から販売されているグリコジャイアントドリームポッキーです。
レインボーカラーの箱が印象的で、1箱で5つの味が楽しめるポッキーなのです。
勿論味によってポッキーの色も違います。

夢のような「でっかいポッキー」で、土産物には喜ばれますね。
他には高級ポッキーの「バトンドール」についても触れてみましょうか。
この「バトンドール」は、海外の菓子のような上品なネーミングですがフランス語では「黄金スティック」という意味だそうです。
それにしても、江崎グリコが販売している高級ポッキーなのに全然聞いたことがないと思う人は多いでしょう。
それもそのはずで、実はバトンドールはら日本国内で数店舗でしか買えません。
更には通販さえも行っておらず店舗で買う以外には入手することは不可能なのです。
そうだと知れば食べてみたくなりますね。

ポッキーは地元を大事にする

ポッキーを販売している江崎グリコでは「地元とつくる地元ポッキー」と題して、地域の特産物を生かしたポッキーを販売しています。
例えば北海道地区限定の「夕張メロンポッキー」、信州地区限定の「信州巨峰ポッキー」、九州地区限定の「あまおう苺ポッキー」など各地に沢山の特別なポッキーがあります。
その地域限定の商品なので、お土産には大変喜ばれる商品です。
江崎グリコでは、ポッキーを通じて人と人との繋がりを大切にしているのが良くわかりますね。
地元ポッキーは地元の人だけではなく、旅行者や周囲の人たちとを繋ぐ「架け橋」になるようにと作らたそうです。
改めて地元の良さを知る、更には知らない土地の良さを知るキッカケとなる素晴らしい試みですね。
「地元」の魅力と愛が詰まった 「地元ポッキー」を大切な人へ贈るのも素敵ですね。

[admanage3]

ポッキーの魅力まとめ

ほとんどの人が知っている江崎グリコのポッキーは、もはや国民的な菓子といっても過言ではないでしょう。
1966年の発売以来ポッキーは豊富なバリエーションで皆に愛されてきました。
ポッキーがこれだけ長い間、変わらず愛されてきた理由は豪華なメンバーのCM の力だけではなさそうですね。
きっと、江崎グリコの「人と人とを繋ぐ」という揺るぎない姿勢が消費者にも伝わっているのでしょう。
これからのポッキーの進化が楽しみですね。

グリコポッキー公式サイトはこちら

この記事を書いた人