ピザーラはなぜ日本最大の宅配ピザチェーンになったのか

日本最大の552店舗を誇る宅配ビザチェーンとして知られるピザーラは、1985年に映画ETに登場するドミノ・ピザに感化されてフランチャイズを申し出たものの断られたことに起源を発します。
日本人向けの独自の宅配ピザを作り上げたことから、全国38都道府県に店舗があります。

[admanage1]

ピザーラのメニューは分かりやすさを追求している

ピザーラのメニューは、チラシ1枚に両面印刷されたメニューで注文出来てしまうシステムです。
営業エリア内にポスティング・チラシを配布して、宅配ピザメニューを電話またはネット注文形式で受注します。
オリジナルトッピングだけでなく、定番メニューに加えて季節限定メニューも掲載されており、最新チラシを見ることで季節限定メニューも堪能可能です。
ピザ生地としてクリスピータイプとハンドトスの2種類から選択し、トッピングが予め配合されたメニューから選びます。
ダブルチーズやアンチョビ追加といったオリジナルトッピングを追加メニューで行えます。

また、ハーフ・アンド・ハーフやクオーターピザも注文出来るので、複数のピザを1枚だけで注文することも可能です。
ピザグリルを使って焼成出来るメニューならば、フライドチキンやフライドポテトといったサイドメニューをお好みで注文しても良いです。

ピザーラのクーポンは比較して使いたい

ピザーラが発行しているクーポンを使えば、いつものピザを割引価格で購入出来たり、サイドメニューを無料サービスしてもらえたりします。
WEB、LINE、スマホアプリ、チラシといった複数の媒体で数十種類のクーポンが広く配布されているので、どのクーポンを使うのか比較してから利用すると良いです。
なぜなら、WEBやチラシの定番クーポンよりも、LINEやスマホアプリから配信される緊急割引クーポンの方が割引率が高いからです。

[admanage2]

天候に左右されやすい宅配ピザは、各店の注文状況に合わせて特別クーポンを配ることが出来れば、売上げアップに繋げられます。WEBやチラシによる配布クーポンは、即効性が低い代わりに有効期限が長く、LINEやスマホアプリ経由でのクーポンは期間限定割引として適用しやすいわけです。

ピザーラの持ち帰り割引はなぜ最強なのか

ピザーラが行っている割引サービスのうち、最も割引率が高いものは持ち帰り割引です。
2枚ピザを注文すると、どちらか価格が安い方の代金を無料とするキャンペーンを店舗限定で行っています。

宅配ピザは、店内で注文を受けて調理を行う担当者とデリバリー担当の2つに分類されます。
ピザーラへ直接来店して持ち帰り注文を行う場合、デリバリー担当者の仕事が無い分だけデリバリー担当がピザメイクに入れるわけです。
人件費と往復のガソリン代が持ち帰りならば削減出来る分だけ、ピザーラ側のコストを最初から抑えることが出来ています。

全ての店舗で持ち帰り割引を実施していない理由として、ピザの焼成能力が注文量に対して限界に達している店舗では、持ち帰り割引を行う余裕がありません。
2枚目無料施策を行うと、ピザ焼成枚数が増えてしまい遅延の原因となるからです。

[admanage3]

日本人向けに独自開発したからこそピザーラは支持されている

ドミノ・ピザからフランチャイズ契約を断れたことを契機として、ピザーラは独自のピザチェーンとして産声を上げることになりました。
日本で生まれた宅配ピザだからこそ、アメリカで人気のメニューとは無関係にテリヤキソースや和風ピザも用意出来るわけです。
季節感溢れるメニューを次々と投入しているからこそ、日本で最も店舗数が多いトップシェアの宅配ピザチェーンに発展するに至ります。
フランチャイズ展開を行うことで、短期間に急速な店舗拡大が出来ましたが、コンプライアンスの徹底を全店舗に行うなど信頼を高める努力を続けています。

ピザーラのネット注文サイトはこちら

この記事を書いた人