マクドナルドのメニューとカロリーについて お得なクーポンの使い方とは?

アメリカ発祥のファストフードチェーン「マクドナルド」。
日本では1971年に東京銀座に一号店がオープンし、以来多くの人たちから愛されるファストフード店として人気を博しています。
今回は、そんなマクドナルドのお得なクーポン情報やメニュー、そしてカロリーなどについてご紹介いたします。

[admanage1]

マクドナルドのクーポンにはどんな種類があるの?

マクドナルドにはさまざまな種類のクーポンが存在しています。
クーポンはマクドナルドにて店員に見せたり渡すことで割引が適用されるものや、商品をもらえるものまでたくさんのバリエーションがあります。
マクドナルドで配布しているクーポンには以下のようなものがあります。

  • 店頭や新聞の折込チラシで配布されるもの
  • キャンペーンなどで商品とともに配布されるもの
  • スマホ用の「見せる」クーポン。店員に該当画面を見せることで割引が適用される。
  • スマホ用の「かざす」クーポン。おサイフケータイ専用のクーポンで店内の端末にスマホをかざすことで割引が適用される。
  • PC用の印刷するクーポン。印刷したクーポンを店員に渡すことで割引が適用される。
  • 従業員向けに配布されるもの。

マクドナルドのメニューについて

マクドナルドで提供しているメニューはハンバーガーとフライドポテトを中心に、さまざまな種類のメニューが存在しています。

[admanage2]

通常メニューには、

バーガー

  • ハンバーガー
  • チーズバーガー
  • フィレオフィッシュ
  • ビッグマック
  • えびフィレオ
  • てりやきマックバーガー
  • マックグラン(てりやき、ベーコンチーズ、クラブハウス)

サイドメニュー

  • フライドポテト(S、M、L)
  • チキンマックナゲット(バーベキューソース、マスタードソース)
  • シャカチキ(レッドペッパー、チェダーチーズ)

ドリンク

  • コカ・コーラ
  • プレミアムローストコーヒー
  • 爽健美茶

スイーツ

  • マックシェイク(バニラ、チョコレート、ストロベリー)
  • ホットアップルパイ
  • サンデー
  • マックフルーリー

などがあります。
そのほか、午前5時から午前10時30分まで限定販売される「朝マック」メニューや午後17時から翌朝午前4:59分まで(24時間営業店の場合)販売される「夜マック」、期間限定で販売されるメニューなどがあります。

マクドナルドで販売している商品のカロリーはどれくらい?

マクドナルドで販売している商品には高カロリーのものもあれば、それほどカロリーが高くないものもあります。
マクドナルドの商品のカロリーは以下のとおりです。

通常メニュー

1位 ビッグマック 530kcal
2位 マックグラン(クラブハウス) 516kcal
3位 てりやきマックバーガー 496kcal
4位 てりやきチキンフィレオ 495kcal
5位 マックグラン(ベーコンチーズ) 481kcal

朝マック

1位 マックグリドル(ソーセージエッグ) 550kcal
2位 チキンエッグマフィン 515kcal
3位 ホットケーキ(シロップとバターを含む) 486kcal
4位 ソーセージエッグマフィン 468kcal
5位 マックグリドル(ソーセージ) 420kcal

サイドメニュー・スイーツ

1位 フライドポテト(Lサイズ) 534kcal
2位 フライドポテト(Mサイズ) 424kcal
3位 マックシェイク(バニラMサイズ) 321kcal
4位 チキンマックナゲット(5個) 263kcal
5位 ホットアップルパイ 211kcal

ドリンク

1位 ホットココア(Mサイズ) 251kcal
2位 クリームソーダ 201kcal
3位 マックフロート(コーク) 191kcal
4位 ロイヤルミルクティー(Mサイズ) 191kcal
5位 カフェモカ(Mサイズ) 171kcal

ローカロリーメニュー

1位 爽健美茶 0kcal
2位 コカコーラゼロ 0kcal
3位 サイドサラダ(ドレッシング抜き) 10kcal (ゴマドレッシング 107kcal)(玉ねぎドレッシング 6kcal)

[admanage3]

まとめ

マクドナルドのクーポン、メニュー、カロリーについてご紹介をさせていただきました。
マクドナルドはアメリカ生まれのファストフード店ということで、メニューはおおむね高カロリーのものが多いです。
しかし、サラダのドレッシングを玉ねぎドレッシングにしたり、お茶やゼロカロリーコーラを選ぶことでより摂取カロリーを減らすことができます。
マクドナルドは太る、という固定概念は捨て、たまにはヘルシーメニューを注文してみるのもオススメです。

マクドナルド公式サイトはこちら

この記事を書いた人