日産独自のテクノロジーが光る魅力的な車3選

日産は国内の登録者台数がトヨタに次いで第2の大手自動車メーカーです。軽自動車から小型車、そしてSUVと幅広く展開しています。その代表である車種が軽自動車のモコ、小型車のノート、そしてSUVのエクストレイルです。

[admanage1]

2018年上半期販売台数第1位の日産ノート

日産ノートは国内販売台数1位だけあって乗りやすさと快適性、そして車本来の楽しみと低燃費を実現している車です。

e-POWE搭載車の実力

日産ノートの特徴はエンジンで発電してモーターだけで走るシリーズ方式のハイブリッドシステム「e-POWER」です。
シリーズ方式のハイブリッドシステムは量産型では世界初です。
燃費も2WDで34kmと非常に優秀です。
2.0Lターボエンジン同等の力強さがあり、走り出しや高速走行中のレスポンスが非常に良いので思いのまま運転することができる車です。

遮音性に優れた室内と安心ドライブ

ノート e-POWER全車に遮音対策が施されている上に電気で駆動することで室内の遮音性が非常に高いです。
運転は3つのドライブモードがあり走行している状況に合わせてシステムを自動制御してくれるので安心して運転をすることができます。e-POWE搭載車だけでなくガソリンエンジン搭載車もエコ スーパーチャージャーにより力強さと低燃費を実現しています。
日産ノートのe-POWE搭載車は新次元の電気自動車の走りを体現した日産の小型車のシンボル的な車です。

[admanage2]

上質感を求める女性に優しい装備満載の日産モコ

日産モコは、軽自動車です。
スズキから販売されているMRワゴンのOEM車として販売を開始しましたが、2016年に生産を終了し、現在日産の軽自動車はデイズ、デイズルークス、NV100クリッパーリオを販売しています。

洗練されたインテリアデザインが光る室内

MRワゴンのOME車ではありますが、違いは室内のデザインと装備です。
女性を意識したインテリアデザインはルックス重視派にとっては一目惚れするレベルです。
バニティミラーにライトがついているなど小さな気遣いが嬉しい室内になっています。
また、天井が高く開放感がある室内はデザインも相まって高い質感を誇っています。

軽トップクラスの燃費と走行性能

燃費も軽自動車の中でもかなり良いカタログ数値です。
最大30km/Lなので通勤から遠出まで心強いです。
ユーザーの声を反映し最終モデルはエンジンとトランスミッションを変更して、走行性能も高めています。
日産を代表する軽自動車でしたがOME車のMRワゴンの販売終了に合わせてラインナップから姿を消しました。

2017年SUV 4WD 販売台数第1位 アウトドアスポーツ好きの相棒は日産エクストレイル

日産エクストレイルは、日産が2000年から製造・販売するミドルサイズのクロスオーバーSUVです。
2017年SUV 4WD 販売台数第1位 の日産を代表するSUV車です。

安心感で一歩先を行くインテリジェント 機能搭載

普段の道からアクロマで走行するSUV安全性が高くないといけません。
日産エクストレイルは走り出すとすぐに各センサーからの情報を集め路面の状態を把握し路面に対応する電子制御4WDシステムを搭載しています。
ヨーモーメントコントロールで走行安定性を高め、でこぼこ道でも振動を減らすインテリジェント ライドコントロールを搭載ししています。
どんな路面でも快適に走行できるようなシステムがエクストレイルには装備されています。

アウトドアスポーツとともに楽しむための使い勝手のよさ

両手に荷物を持つことが多いときでも、リヤバンパーの下に足先を入れて引くとドアが自動で開くリモコンオートバックドアや防水フレキシブルラゲッジ、そしてシートにも防水仕様を採用しているのでアウトドアスポーツを思いっきり楽しむことができます。
まさにアウトドアスポーツが大好きな人の車、それが日産エクストレイルです。

[admanage3]

ユーザーのニーズを常にサーチし最先端技術を搭載した車作りをする日産

幅広いラインナップでユーザーの要望を随所に取り入れた車を使っているのが日産です。力強さと快適性、それに低燃費であることを条件に車に乗る喜びと楽しさを追求しています。その姿勢が販売台数にも現れています。魅力的な車を生み出し続ける日産独自のテクノロジーに今後も注目したい自動車会社です。

日産公式ホームページはこちら

この記事を書いた人