なぜジムニーは人気なの?気になるカスタムやモデルチェンジはこちら

不動の人気と言っても過言ではないジムニー。
スズキの軽自動車と言えばこれと言うイメージがすでに定着してる感じがしますね。
人気の一つに3代目モデルが発売されて20年も経つと言うのに同じモデルであり続けると言うことがあります。
この20年もの間、同じモデルであることは日本の車では非常に珍しいことです。
同時に、根強い人気があるからこそ同じモデルであると言うことも言えます。
今回はこのジムニーについてご紹介させて頂きますので、今後ジムニーのご購入をお考えの方は是非参考にしてみて下さい。

[admanage1]

ジムニーの中古の価格は?

今なお根強い人気のジムニーですので、中古と言ってもそれなりの価格とお考えの方も多いことでしょう。
もちろん中古車の状態次第にもなりますので、価格の振れ幅は大きくなります。
おおよそ、60万円ほどから80万円ほどの価格帯が多く目立ちます。
中古車の状態の他に注目したいところが「グレード」になります。
ジムニーのグレードには以下のようなものがあります。

  • ベーシックグレードのXG
  • 豪華なバージョンのXC
  • ベーシックグレードのXGに追加装備を搭載した、特別仕様車のランドベンチャー

特にXCは豪華と称されているだけのことはあり、専用インテリアカラーやメッキドアハンドルなど様々なオプションがついています。
XCでは中古車であっても100万円を越えるものが多くありますが、それだけの価値があると言えます。

ジムニーを中古車でお探しの際には、車の状態とグレードを参考にご予算と相談することが大事になってきます。

ジムニーのカスタムにはどんなものがある?

こちらはグレードとは別にご自身でオリジナリティを現すためのカスタムになります。
ジムニーは非常にカスタムに向いている車種であり、その様子も様々なものになっています。
お手軽なものから凝ったものまで、カスタムの種類には次のようなものがあります。

・角バンパー
シンプルに力強さを表現できるパーツである上に、万が一バンパーをぶつけてしまった場合には車体を守る役割もしてくれます。
こちらの角バンパーは16,000円ほどからお買い求め頂けます。

・静香御前マフラー
見た目が煌びやかで腐食防止にもなるオールステンレス製のマフラーになります。
見た目以外に、色々な回転域での最適な流速を可能にしてくれます。
こちらの静香御前マフラーは6万円ほどからお買い求め頂けます。

・リフトアップ
やはりジムニーと言えばリフトアップでしょう。
車高を高くすることで、普通の車では見ることの出来ない景色を堪能することが可能で、クロスカントリーの競技にも有効です。

[admanage2]

一方で横風の影響を受けやすくなってしまうと言うデメリットもありますので、リフトアップの際には現状の走行状況とご相談されることが大事になります。
リフトアップの値段は部品代4万円ほどに取り付け工事料の3万円ほどを足した、7万円くらいを目安に考えて頂くと良いでしょう。

ジムニーがついにモデルチェンジ

同じモデルで愛され続けてきたジムニーですが、この度ついにモデルチェンジが発表されました。

この度4代目となるジムニー・シエラですが、見た目はジムニーと差ほど変わりませんが、エンジンが大きく変わりました。
ジムニーでは660ccターボエンジンが搭載されていましたが、ジムニー・シエラでは1、300ccのエンジンが搭載されています。
このエンジンの違いが一番の違いになり、軽自動車と普通自動車と規格が違う車になります。

また、グレードもジムニー同様にあり、シエラランドベンチャーでご自身の望む装備を搭載することが出来ます。
待望のモデルチェンジと言われていたジムニー・シエラなので非常に興味を集めています。
軽自動車の規格から普通自動車の規格になるにあたり、走行性や安全面などさらに向上されたジムニーを楽しむなら是非この機会にシエラをお考えになってみては如何でしょう。

[admanage3]

まとめ

長年愛され続けてきたのには訳があります。
ジムニーではその自由度の高さや、扱いやすさが人気の源泉となっています。
また、軽自動車と言うこともあり昨今のニーズに非常にマッチしたことも人気の一因になります。
中古車市場でも高く扱われており、その人気の高さを象徴しています。
そして注目すべきは待望のモデルチェンジと言う部分です。
軽自動車から普通自動車になりますので車税などの部分で大きく変わることもありますが、ジムニーをより楽しめ、より愛せる形となっています。
モデルチェンジが話題になっているこの機会に是非一度ジムニー・シエラをご覧になっては如何でしょうか。

スズキジムニー公式サイトはこちら

この記事を書いた人