ダイハツの軽自動車の魅力を徹底検証

ダイハツの魅力といえば、軽自動車に求められるポイントを形にし幅広い車種に表現している点です。

人気車種を多く産み出しているダイハツの軽自動車について記事をまとめました。

[admanage1]

ダイハツの軽自動車の魅力

ダイハツは知ってる人もいるかと思いますがトヨタの子会社です。
世界に誇るトヨタ同様に上質な造りを目指し、軽自動車の開発に専念しています。
そのためダイハツの軽自動車は燃費と走行のバランスが安定しています。
最近では軽自動車にも興味がない人の目さえも引くような力強いなデザインや、使いやすさ重視の視点からも更に人気を集めています。

ダイハツの軽自動車は各々個性はありますが、年齢やファミリー、独身者問わず万人受けするデザインなのも特徴です。
特にダイハツのミラやムーブなどは大ヒットのロングセラー車種で人気は落ちませんので、コンスタントに販売しています。
車離れする若者が増える中でも、ダイハツは軽自動車業界からみても安定感があるといえるでしょう。

ダイハツ タントの特徴

タントは歴代でも大ヒットを記録した画期的な軽ワゴン車です。
タントの大きな特徴は、ムーヴを大きく上回る「スーパーハイトワイド」タイプである点です。
これは 軽自動車の規格の中でも、かなり車内が広々としていることを表します。

2013年に登場したタント3代目となった現行モデルは175㎝のルーフの高さで、外から見るよりもずっと車内空間が広いのです。
更にタントはドア(後部)のモデルも進化をし続け変遷しているのも大きな特徴です。

[admanage2]

タントの初代モデルはヒンジ式ドアでしたが2代目モデルでヒンジ式を右側に残しつつ、遂にスライドドアを左側に採用しました。
これは良い意味で衝撃的で注目を集め、実際にCMや雑誌などを見たり現物を見て魅力を感じて購入した人は多いでしょう。
それに加えて単にスライドドアを採用しただけではなく、「ミラクルオープンドア」といわれるピラーレス方式を採用しましたので軽自動車の常識が覆されました。

ダイハツ ムーブの特徴

ダイハツといえばムーヴという人もいるほどムーヴは人気車種です。
初代のムーヴというと、実はダイハツのベストセラー車種のミラを基礎としてワゴンタイプに進化を遂げ誕生しました。
ルーフの低いミラと比較するとルーフの高さは一目瞭然で、160㎝あるルーフは新しい旋風を巻き起こしました。
広々とした車内空間が実現しただけではなく、乗用車であるミラをベースに開発したことから乗り心地の良さも格段にアップしたのです。
そのままムーヴは進化を続け、現行モデルは早くも6代目となりました。

2014年にはフルモデルチェンジしましたが、今までにないムーヴの「力強さ」や「カッコ良さ」がプラスされたモデルになります。
それまでのムーヴのモデルは、控えめででスマートなイメージがありました。

しかし現行モデルは所々の主張が強く、人目を引くようなデザインです。
グリルもデザイン変更がありましたし、他のメーカーの人気車種に全く引けを取らない迫力でスタイリッシュです。
また、ミラとタントの間ぐらいの大きさが「ちょうど良い」というのもムーヴの良いところです。

[admanage3]

ダイハツの軽自動車まとめ

ダイハツの人気車種は安定性があると評判です。
勿論、乗る頻度や扱い方にもよりますが基本的に乗りやすくて長持ちだとも言われています。
しかし、車に乗るからには絶対に大丈夫だということにはなりませんよね。
車に乗るからには、どんな車に乗るにせよ「もしもの事態」にならぬよう常に安全運転は心がけましょう。
それさえ注意すれば、お気に入りのダイハツの軽自動車で楽しくて便利な生活が送れることでしょう。

ダイハツ公式サイトはこちら

この記事を書いた人