あのベンツを購入しよう!ベンツの各クラスごとの特徴と中古車

ベンツはドイツのメルセデス・ベンツが販売するブランドですが、高級輸入車の代名詞として浸透している自動車でもあります。
多くのドライバーが憧れる自動車ですが、中古なら手が届くかもしれません。
また、種類も押さえておくと、購入時の参考になるでしょう。

[admanage1]

ベンツの中古と価格

比較的年式の新しいベンツの場合、中古とは言えベンツなので金額もかなりのものになります。
最も安いものを購入しても500万はくだらないので、最低でもそのくらいの予算は必要になります。
1,000万円を超えている中古ベンツも珍しくないので、上を見ればより多くの予算が必要になることは言うまでもありません。
反面、年式が10年以上古いものは100万円台で購入できる中古車もあります。
年式にあまりこだわりがなかったり、とにかくベンツを所有してみたいと考えている場合はこちらを選択肢に入れてみましょう。

基本的にベンツは耐久力に定評のあるブランドなので、中古車であっても問題ないことも多く、その点では中古車でも安心できます。
ただし、走行距離など細かい部分までチェックしなければせっかくの高級車も無駄になりかねません。その点は注意しましょう。

ベンツSLクラスとは

ベンツにはいくつかのクラスがありますが、その中でもSLクラスは高級感溢れるクラスに仕上がっています。
軽量かつクールな仕上がりが特徴的で、元々は軽量スポーツカーを指す言葉だっただけに、ドライブする楽しさというのは値段相応です。
中古で購入するにしても、やはり数百万円クラスの中古車が多く、Sクラスと比較してそれなりの予算を用意しなければなりません。

[admanage2]

また、SLにもSL400とSL550があります。
SL550の方が加速力が強化されており、走行力を求めている方には魅力的なクラスです。
かといってSL400が劣っているわけでなく、ベンツというブランドに相応しい走破力を秘めています。
また、SL550の方が搭載されている装備が多く、装備の数で決めることも可能です。

ベンツの種類とは

ベンツを購入するうえで知っておかなければならないのが、ベンツはクラスごとにそれぞれ特徴が分かれていることです。

AクラスBクラス、EクラスやGクラスなど、価格帯や性能などがそれぞれ異なります。
Aクラスはいわゆるコンパクトさを実現したクラスで、価格もベンツの中ではお手頃です。
そのため、ベンツという自動車を体験するのに最もハードルの低い一台でしょう。
CクラスのベンツはAクラスよりも高価なものの、人気が高く車体も軽量に作られています。
乗りやすいという面から見るとベンツの中でもさらに高水準なので、その点が人気の要因でしょう。

最新技術を取り入れた自動車をお探しの場合は、Eクラスがそれに該当します。
いわゆる安全装備がふんだんに使われており、歩行者と運転手の安全を守ってくれます。
体調不良を感知して自動でストップしてくれる機能、車線変更をアシストしてくれる機能など、まさに新時代の自動車と呼ぶに相応しい機能が満載です。
他にもいくつかのクラスがありますが、ベンツではこのように各クラスごとの強みを持っているのです。

[admanage3]

今だからこそ憧れのベンツを

多くの人の憧れであり、伝統を守りながらも最新の技術を搭載したベンツはどのクラスであっても羨望の的になるでしょう。
エクステリアはもちろんインテリアも充実し、今流行りの安全装備ももちろん搭載されています。
興味がある方は、まず各クラスの特徴から抑えましょう。
その後中古車でも新車でも、予算と目的のクラスの価格帯を調整しながら購入するのです。
自動車を乗る楽しさを思い出させてくれる、そんな一台がきっと見つかるはずです。

メルセデス・ベンツ日本オフィシャルサイトはこちら

この記事を書いた人